teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 監督より(40)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


(無題)

 投稿者:チーム全日本  投稿日:2019年 2月17日(日)20時38分26秒
編集済
  本日の大会結果をお知らせします!

準優勝
【一般男子-74kg級】
岩本 聖(OB)

【一般男子+87kg級】
伊庭 和宏(OB)

第3位
【一般男子-68kg級】
大島 卓也(OB)

【一般女子-57kg】
津田 真希

今大会は明大生はもちろん、OBの方々の活躍も素晴らしかった大会となりました。
全日本というハイレベルな試合を間近で見ることができ、多くのことを吸収できたと思います。これを活かして今後の練習により一層励んでいきたいと思います。本日は応援ありがとうございました!
 
 

(無題)

 投稿者:チーム全日本  投稿日:2019年 2月17日(日)17時58分23秒
  男子ー74kg級決勝へ駒を進めた岩本でしたが、負傷のため棄権となりました。
銀メダル獲得です!
 

(無題)

 投稿者:チーム全日本  投稿日:2019年 2月17日(日)17時47分8秒
  Cコート第37試合
男子+87kg級 決勝
OB 伊庭和宏(浅草道場)vs金信優(Bomb’s道場)

第1ラウンド
序盤からパンチを2回、トルチャギ、カムチョンと次々と相手を攻め一気に5点を先制します。相手も負けじとパンチ、上段トルチャギで応戦しますが5-4とリードして第1ラウンド終了です。

第2ラウンド
相手のカムチョンを誘い6-4とリードを広げますが相手のカウンター、パンチをくらい6-7と逆転されてしまいます。リードを取り戻そうと上段を狙うも相手も隙をついて前足上段を決めてきて6-10と点差が離れてしまいます。その後も蹴り合いが続くも得点にならず6-10で第2ラウンド終了です。

第3ラウンド
開始直後から相手が果敢に攻め込むも相手が転倒しカムチョンにより1点を返しますが、上段トルチャギ、カムチョンにより8点を失ってしまいます。
お互いにトルチャギをきめ8-20とされ、パンチ、カムチョンで2点をとられ8-22と点差が開いてしまいます。点差を縮めようと果敢に攻めるもそのまま時間が経過し、試合終了となりました。

銀メダル獲得です。
 

(無題)

 投稿者:チーム全日本  投稿日:2019年 2月17日(日)17時22分9秒
  Bコート第31試合
男子-68㎏級
準決勝
大島 卓也(サッポロビール株式会社)vs 鈴木 リカルド選手(TEAM DAITO)


第1ラウンド開始です。
互いに距離を測りながら得点の機会を伺います。終盤まで互いに得点を許しませんが、蹴られては蹴り返し4-4で第1ラウンド終了です。

第2ラウンド開始です。
大島は相手の蹴りをかわしながら得点の隙を伺います。
コートを広く使って立ち回るものの、相手のネロチャギが入り、さらにカムチョンを取られてしまい4-8と点差が広がってしまいます。もう一つカムチョンを取られてしまい4-9で第2ラウンド終了です。

第3ラウンド開始です。
トルチャギで追加点を得て勢いにのると、さらに向ってくる相手にオルグルを決め10-9でアドバンテージを取ります。
クリンチにつき相手の攻撃を防ぎ、さらに繰り出されるパンダルをガードします。
しかし残り数秒で相手が大島の上段をとらえ逆転を許し、10-12で試合終了です。
 

(無題)

 投稿者:チーム全日本  投稿日:2019年 2月17日(日)16時58分25秒
編集済
  Cコート第33試合
男子+87kg級 準決勝
OB 伊庭和宏(浅草道場)vs和田拳輔選手(漢塾)

第1ラウンド
クリンチの離れ際にトルチャギを決められ2点、さらにトルチャギ、カムチョンを取られ0-5とリードされてしまいます。第1ラウンド終了間際にトルチャギを決めて2-5で第1ラウンド終了です。

第2ラウンド
相手のカムチョンを2回誘い2点を追加します。
その直後に前足で相手の動きに合わせて中段を決め2点を追加し6-5とリードして第2ラウンドを終了します。

第3ラウンド
開始早々相手のパンチをくらい6-6の同点となってしまいます。相手のプレッシャーに押され、カムチョンを引き続きとられてしまい6-9と差が開いてしまいます。残り30秒を切ってすぐに中段を2回決め10-9と逆転で勝利を収めました。

銀メダル以上確定です。
 

(無題)

 投稿者:チーム全日本  投稿日:2019年 2月17日(日)16時38分14秒
  Bコート第31試合
男子ー74kg級 準決勝
岩本聖(浅草道場)vs 笠井優選手


第1ラウンドはお互いに前足で牽制する時間が続きます。1本中段を決められてしまいますが、落ち着いて対処します。しかし一瞬の隙を突かれてしまい上段をもらってしまいます。0-3で第1ラウンド終了です。

第2ラウンド岩本はコンビネーションのパンダルなどで得点を狙います。明らかに当たっているように見えたのですが、防具は反応せず得点できません。しかし相手の蹴りは反応してしまい0-5です。岩本得意の前足や上段がうまく噛み合わず苦しい時間が続きます。0-5で第2ラウンド終了です。

第3ラウンド開始直後、我らの岩本コールに応え、相手の顔面に鋭いトルチャギを決めます!3-5です!残り30秒を切った頃、相手がカムチョンをし4-5とし、1点差に詰め寄ります。ここで相手が弱腰になった隙に岩本がパンチを決め5-5の同点に持ち込みます!わずかな残り時間を防ぎ切りサドンデスへともつれ込みます!

サドンデスは終始岩本のペースでした。開始直後のトルチャギは防がれてしまいましたが、30秒を過ぎたころ、相手が蹴りでバランスを崩した隙に上トルを一閃!岩本が見事決めきり決勝進出を決めました!!
 

(無題)

 投稿者:チーム全日本  投稿日:2019年 2月17日(日)15時59分47秒
  Bコート第25試合
男子-68㎏級
大島 卓也 (サッポロビール株式会社)vs 黒田 晃平選手 (古賀道場)

第1ラウンド開始です。
互いに様子を見合いながら攻撃の機会を伺います。大島が中段を決め先制点を取ります。そのまま互いに牽制しつつ相手の隙を伺いますが得点ならず2-0で第1ラウンド終了です。

第2ラウンド開始です。
互いに前脚から得点を伺い、相手のパンダルが炸裂しますがすかさずトルチャギで4-4となります。両方小刻みにステップを刻み攻撃を仕掛け、大島が中段を決め6-4で第2ラウンド終了です。

第3ラウンド開始です。
互いに距離が近くなり蹴りに激しさが増してきます。上段を決めると、得点しやうと攻めてくる相手にカウンターカットを決め、相手の追加点を許さず11-5で試合終了、準決勝進出です!!
 

(無題)

 投稿者:チーム全日本  投稿日:2019年 2月17日(日)15時55分20秒
編集済
  Dコート 第30試合
女子 -57kg
津田真希 vs. 平林霞選手(森道場)

先ほど圧倒的な気迫を見せつけた津田の登場です。
第1ラウンド開始です。
相手のカットやプッチョが津田のガードをうまくかわして入ってしまい、9-0となってしまいます。反撃を試みますがパンダルとティッチャギによって16-0と点差が開いてしまいました。17-0で第1ラウンド終了です。
第2ラウンド開始です。
相手のパンダルやティフリギに苦戦する津田。42-0と点差を開かされ第2ラウンド終了です。
第3ラウンド開始です。
トルチャギを食らうも、相手のカムチョンにより1点をとり、44-1。しかし、反撃は及ばず57-1で試合終了です。
津田、銅メダル獲得です!
 

(無題)

 投稿者:チーム全日本  投稿日:2019年 2月17日(日)15時18分7秒
  Cコート第23試合
男子ー74kg級
唐治谷雄大選手 vs 山中洋次郎


先程は13代目主将の貫禄を見せつける試合をしました、山中の2回戦です。

第1ラウンド開始です。後ろ足メインで攻めてくる相手に対して山中はプッチョだ距離を見つつ戦います。が、しかし相手に一瞬の隙を突かれてネリョチャギをもらってしまい3-0となります。その後の山中は相手のカムチョンを誘いつつ落ち着いて試合を運びますが、ラウンド終了前に上段をくらい、7-1で第1ラウンドを終えます。

第2ラウンド少しアグレッシブになった山中は、ラウンド開始直後前足カウンターで得点します!3-7です!これであいては焦ったのか、大振りの蹴りが増えます。山中はそこに的確にカウンターを合わせていきますが、惜しくも得点にはなりません。そのまま3-7で最終ラウンドへと向かいます。

第3ラウンドはお互いに激しい蹴り合いになりました。両者とも始めからギアを上げていきます。
試合が動いたのはラウンド中盤、山中は相手に上段を決められてしまいます。しかし、すかさず山中も中段を決め5-10とします。残り時間は30秒を切り後がない山中、ティフリギなどの大技を繰り出しますが惜しくも決まらず、6-14で試合終了となりました。

銅メダルまであと一歩の惜しい試合でしたが、熱い試合を見せてくれた山中に拍手をお願いします!
 

(無題)

 投稿者:チーム全日本  投稿日:2019年 2月17日(日)15時04分16秒
  Cコート第24試合
男子-74㎏級
岩本 聖 (浅草道場)vs 瀬戸上 明哲選手(都島テコンドー倶楽部)

第1ラウンド開始です。
前脚で相手に牽制をかけていきます。相手にプレッシャーをかけカムチョンで2点を得て2-0で第1ラウンド終了です。

第2ラウンド開始です。
両方隙を狙いながら蹴りだしていた第1ラウンドとは変わり、激しい蹴り合いでスタートです。上段を食らうもカムチョンを奪い中段を決めます。相手の蹴りにしっかりガードを合わせて8-3で第2ラウンド終了です。

第3ラウンド開始です。
前脚を多く使い、プッチョやロンノで相手にプレッシャーを与え得点のチャンスを狙います。
相手の動きに合わせて綺麗に前脚上段をきめ12-3と点差を広げます。そのまま相手のショートを丁寧にさばき相手の追随を許さず試合終了です。
岩本は準決勝進出です。
 

レンタル掲示板
/112