teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


新しいブログ

 投稿者:清子  投稿日:2011年 9月 9日(金)16時15分51秒
   囲炉裏でおしゃぺは、きよこのティールームに移動しました。新しいブログは

   http://8224.teacup.com/yasuragi/bbs  です。よろしくお願いします。




 
 

大変でしたね

 投稿者:清子  投稿日:2011年 9月 8日(木)14時26分43秒
   サチッペさん妹さんはその後いかがですか。大変でしたね。でも最近は乳がんの手術も随分早く治るようになったようですね。私の周りの方々も乳がんで手術されても、すぐに元に生活にもどられています。一日も早いご快復をお祈り申し上げます。

 そうなんです。室生の家はあっけなく無くなりました。申し一度最後のコンサートと思いましたが、家を空にするだけでいっぱいでした。2年以上前から進めていましたが、4月以後は毎週室生に通い、てんてこまいの日々でした。長い間ありがとうございました。
 

さびしいですね

 投稿者:サチッペ  投稿日:2011年 9月 6日(火)19時49分29秒
  清子さん、7月に入り妹が乳がんとわかり病院について行ったりして中々覗けませんでした。

先月手術をして少し落ち着きましたので、覗きましたら室生の家が無くなったのですね。
コンサートで楽しませて頂いた家、またもう一度最後のコンサートがあるかと、
楽しみにしていました。
淋しいですね。

買って頂いた方が有意義に使って頂きたいですね。
お疲れさまでした。
 

すべて終了

 投稿者:清子  投稿日:2011年 7月31日(日)15時22分16秒
編集済
   今月をもって室生の家は私の手元からなくなりました。もうあの家に入る事はありません。長い付き合いでしたが、あっけない幕切れです。まさか売れるとは思っていなかったです。売りに出しても何年も何年もこのままの状態が続くものと思っていました。

 このプログも終わろうかと思います。また別の形でブログを立ち上げようと思っています。その時にはまた読んでください。長い間読んでいただいてありがとうございました。皆さんお元気で!
 

終わりました

 投稿者:清子  投稿日:2011年 7月19日(火)09時49分48秒
編集済
   2年半に渡る片づけはやっと終わりました。今週末には引き渡しが出来ます。

 あの家は私にとってどんな存在だったのか、考えてみると、大好きで、あの家を通していろんな人とのつながりができました。その繋がりは永遠です。でも遊びには本当に楽しい存在です。ところが結婚すると手間がかかり、お金がかかります。

 外から見ているといいのですが、自分のものになると世話がかかります。人手がいります。人手を始末すると自分で全部やらなければなりません。草引き、植木の選定だけでも、いつもきれいにしておこうと思うと、それはそれは年間に大変なお金になります。毎日住んでいるのならともかく、ときどき行くとなると食料、衣類など大荷物です。車を降りてもあの坂道を何度も荷物運びをします。雨戸を空けるだけでも随分あります。

 みんなあの家を訪ねて来た方は「こんなところで本でも読んでたら、時間を忘れて読めますね」「昼寝でもすると本当に気持ちがいいでしょうね」でも私はそんな事が出来たのはこの17年間で一度もありません。着くなり荷物び、雨戸空け、荷物を冷蔵庫に収め、布団干しです。それだけでも一人なら小1時間です。やっとお茶でも飲んでお掃除です。帰りも車まで荷物運び、雨戸を閉めて帰ります。

 キッチンも流しの傍にカップボードがありません。取りに行きます。片付けも流しまで食器を運ぶのも大変です。冷蔵庫にマヨネーズを忘れたわと言っても、つっかけを履いて取りにいきます。本当に広い家です。大人数で暮らす家ですね。

 お客さまで行くのが一番いいですね。でも長い間楽しませてくれてありがとう。沢山の友達が出来る機会を作ってくれてありがとう。次の人にも大事にしてもらってね。遠くから見ているよ。さよなら
 

昨日の室生

 投稿者:清子  投稿日:2011年 7月11日(月)10時03分19秒
   片付けも大詰めに入りました。昨日はシルバー人材センターから、力持ちの男性2名に来ていただいて、タンス、冷蔵庫など重い荷物の運び出しをしました。さすがに力持ちの人たちですから、作業は順調に運びましたが、突然の夕立、それでも家の中の作業を頑張っていただきました。

 屋根裏には50俵近い「炭」があります。すべて降ろすのに半日近くかかりました。その上これからこれをどこに保管するか?まだまだ家は空っぽにはなりません。家を買われた方は持ち主と、管理する方が違う方になります。管理人の方は骨董品が好きらしく、なんでも古いものは置いておいてくださいと言われました。

 食器、ふとん、家具もほとんどをそのままに置いていきますが、それでも大変な作業です。家に名残を惜しんでいる暇もありません。疲れました。
 

昨日の収録

 投稿者:清子  投稿日:2011年 7月 5日(火)11時02分31秒
編集済
   昨日はフラダンスのインストラクターの方がゲストでした。フラガール以来すっかり日本でもカルチャーセンターではフラダンスの教室が定着してきました。習おうと思うといつでも、どこでも習う事ができますし、教室を選ぶことも出来ます。

 インストラクターの方はそれ以前に習得されていた方ばかりだそうですが、今ではひっぱりだこのようです。生徒さんの年齢層は3歳の子供から80歳のおばあさんまでだそうで、20代から40代がすっぽり抜けているそうです。

 美しいムウムウを着て髪に花を着けて、レイを首からかけて、踊る時は自分が若いころ、恋をしていた時の気持ちを思い出して踊るそうです。楽しいでしょうね。
 

ホタルの夕べ

 投稿者:清子  投稿日:2011年 7月 4日(月)09時25分44秒
編集済
   室生で最後のホタルの夕べを、料理長、スタッフと行いました。今年は最後だとホタルも知っていたのか、それはそれは数年ぶりに見る、ホタルの大量発生による乱舞でした。とてもきれいで感激しました。最後に美しいホタルを見る事が出来ていい思い出に残ります。「ホタルさんありがとう」

 囲炉裏で焼き肉も最後になりますが、想い出話をしながら美味しく食べて、夜遅くまで楽しく過ごしました。でも私はあまり眠れませんでした。あの家で過ごした子供時代、そして父が死んでから今日までの事がひとつ一つよみがえりました。やすらぎコンサートの10年間は本当に今となっては夢のようです。

 梅を取ったり、みんなに片付けを手伝ってもらって、いっぺんに進みました。でもまだまだです。本当に大きな家やなと思います。
 

室生の家の片付け

 投稿者:清子  投稿日:2011年 6月27日(月)11時01分23秒
   金曜日から室生の家の片付けに二泊三日で行きました。食器など私の範囲はほとんど片付いているのですが、主人しか分からないものが全く手つかずです。来月22日には引きわしなのにどうするのでしょうか。

 重いものは10日にシルバー人材センターから、力持ちの方をお願いしましたので、その人たちにお願いしますが、荷物をつくるのにどうするのでしょうか。心配です。
 

室生の家

 投稿者:清子  投稿日:2011年 6月22日(水)09時15分8秒
編集済
   昨年から売りに出したところ、毎週のように不動産屋さんがお客様をつれてこられました。ずっと住みたいという方が多かったですが、どれも話は成立しませんでした。

 今年春、来られた方が東京の方で大きな会社をされています。以前はアメリカとの合弁会社でしたが、今は中国との合弁会社で、中国、タイ、ベトナム、ロシアなど世界に支店を持っているそうです。

 その方に買っていただくことになりました。室生の家は7月末で引き渡します。これからは奈良に住む方が、管理をされて、海外からのお客様の接待に使われるそうです。家も工事をして修理をされるそうで、古いところは残して、新しく使いやすくされるようです。

 私が持っていても大きな修理はお金がかかりますから到底出来ません。お金持ちのところに買われると、きれいに修理して、海外の方に喜んでいただけるようになりそうです。

 本当は手放したくないのですが、これも時代の流れなので仕方がありません。13代続いた家は、今人手に渡ることになりました。あの家がなくなっても山もお墓もあるので、室生とはご縁が切れませんが、私はあの家の最後に鍵を下ろしたら、二度と室生には行かないつもりです。もうあの家には入れないのですから、行きません。最後にお墓参りをして後は行きません。
 

レンタル掲示板
/19