teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 監督より(36)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


(無題)

 投稿者:チーム洪人館  投稿日:2017年 4月23日(日)18時18分4秒
編集済
  本日の明治大学の試合は全て終了しました。

<本日のメダリスト>

【金メダル】
◎プムセ
女子有級の部(初級)
古本苑子

◎キョルギ
女子上級-53キロ
櫻井絢水

【銀メダル】
◎プムセ
男子有級の部(初級)
堀畑貴久

◎キョルギ
男子上級-54キロ
大図英照

【銅メダル】
◎プムセ
男子有級の部(初級)
小野田俊介

◎キョルギ
男子上級-54キロ
奥山悠太

男子上級-58キロ
矢吹優人(OB)

女子上級-57キロ~74キロ
中木麻琴



全日本以来の久しぶりの試合でしたが、多くのメダルを獲得することができました。この結果に慢心せず、次に控えた学生選手権に繋げていけるようこれからも精進していきます。本日は応援ありがとうございました。

 
 

(無題)

 投稿者:チーム洪人館  投稿日:2017年 4月23日(日)18時04分46秒
  Cコート 第49試合
女子上級-53キロ
櫻井絢水
櫻井選手、満を持しての登場です。
第1R、長身の相手に苦しみますがひるまず応戦します。相手の前足の隙をつき、自身の得意な距離に持ち込み試合を有利に進めようと試みます。ステップで相手を散らしうまくふところに入り、終了間際にパンダルを決め3-0で折り返します。
第2R、序盤で相手のカムチョンにより1点を獲得し点差を広げます。その後櫻井自身も消極的カムチョンをしてしまいますが、第1Rの点差を守りきりました!4-1でそのまま試合終了です。櫻井の勝利です。練習してきたことを活かし、試合を近場に持ち込み得意なプレイスタイルで戦うことができました。銀メダル確定です!



Cコート 第50試合
女子上級-57キロ~74キロ
中木麻琴
第1R、相手の激しい蹴りに圧倒され一気に7点を失います。その後得意のカウンターで応戦しますが、相手の中段攻撃が光ります。めげずに攻め続け相手を端に追い詰めたところで第1R終了です。0-9で折り返します。
第2R開始です。直後に中段を決められ0-11となります。転倒によるカムチョンと相手の中段攻撃で3点を失い0-14と点差が広がり、中木は得意の上段を懸命に攻めますが動きを読まれかわされてしまいます。終盤に中段を二本決められ、0-18で敗退です。点差はついてしまったものの、特に上段攻撃では相手の頭をかすめるなど惜しい蹴りも多くありました。銅メダル獲得です!


Cコート 第53試合
男子上級-54キロ級決勝
大図英照  VS.涌井一匡選手
第1R、大図は積極的にフェイントをかけ、相手のペースを崩しにいきます。両者相手の出方を見つつ膠着状態で時間が進み、0-0のまま折り返します。
第2R、相手がクリンチ際の攻撃を増やします。それらをうまくかわし、大図も上段を織り交ぜ相手を翻弄します。しかし両者得点にはならないまま0-0で第2Rも終了します。
第3R、試合を決めようと両者蹴り数を増やします。相手も上段を積極的に攻めてきますが、大図のガードが光ります。しかし、ラスト10秒まできたところで上段をくらってしまい、0-3で決勝敗退です。銀メダル獲得です!



Cコート 第61試合
女子上級-53キロ決勝
櫻井絢水
櫻井選手、優勝をかけた一戦です。相手は東日本選手権で一度勝利したことのある選手です。第1R、試合開始直後に防具のエラーがあり試合が一時中断されます。しかしここで集中が途切れないのが櫻井です!上段を積極的に攻めてくる相手に対しまたもステップで散らし近場に入り、ショートを器用に決めます。下がりすぎのカムチョンをもらってしまい2-1で第1R終了です。
第2R、開始早々カウンターの上段トルチャギを決め点差を広げると、ここで流れをつかみ得意のブラジリアンキックを決めます。しかし相手も中段上段を立て続けに決め、10-8で最終ラウンドに臨みます。
第3R、激しい蹴り合いの中で粘り強く中段を決めます。その後も激しい蹴り合いが続きますが常に相手より多くの点を取ります。転倒によるカムチョンがありましたが16-11と試合を有利に進めラスト20秒に持ち込みます。ここで逃げずに応戦しダメ押しのパンダルを決め、19-11で櫻井の勝利です。有利な距離を作った後に確実に点を決め続ける櫻井らしい一戦でした!初の金メダルを獲得です!

 

(無題)

 投稿者:チーム洪人館  投稿日:2017年 4月23日(日)15時50分29秒
  Cコート 第30試合
女子上級-57キロ~-74キロ
中木麻琴  VS.西村ケェトリン選手
中木選手、初の国際試合です。体格差はありますが全日本の経験を活かし頑張ります。
第1R、序盤から激しい蹴り合いです。その中で相手の中段が決まり0-2と2点差をつけられます。身体の大きな相手に苦しみ押され気味な展開です。相手のカムチョンがあり1-2と1点差で折り返します。
第2R、前足を主体とした攻撃に切り替えます。相手の体格に押され下がりすぎでカムチョンを多く取られ2-4と2点差をつけられ、さらにそこにティッチャギを決められ2-7と点差が開きます。しかし中木の持ち味であるどこから出てくるかわからない上段がまずは一本決まります。これで5-7と2点差です。ここで流れを掴んだようです!終了直前、得意の強烈なネリョチャギが相手の頭にクリーンヒット!3点を獲得し8-7と逆転しそのまま試合終了です。8-7で中木の勝利です。銅メダル確定です!



Cコート 第31試合
男子上級-54キロ
奥山悠太
1試合目の不戦勝で銅メダルが確定しています。さらにいい色のメダルを目指し気合十分です!
第1R、双方積極的に攻撃を出していきます。開始直後に相手のネリョチャギが綺麗に決まり3点差がつきますが、プッシングカムチョンと隙をついた中段で同点に追いつきます。しかし相手の器用な中段の攻撃が光り、2本食らって4点差に。3-7で折り返します。
第2R、開始早々相手のティッチャギが鮮やかに決まり点差を広げられます。その後立て続けにカムチョンをくらい、その流れでパンダルを決められるなど相手の攻撃を崩すことができません。逆転を狙い最後まで蹴り続けましたが、3-18で敗退です。銅メダル獲得です!



Cコート 第32試合
男子上級-54キロ
大図英照
第1R、お互いステップを活かしたテクニカルなキョルギが始まります。相手の防具をつかむカムチョンを立て続けにくらい3点を取られますが、上段中段織り交ぜた攻撃で相手を翻弄し流れを作ります。まずは綺麗な上段を一本、その後持ち味のスピード中段を二本決め7-3と4点リードで折り返します。
第2R、相手の防具をつかむカムチョンをまたしてもくらってしまい7-4と点差を詰められます。しかしここから大図のワンマンショーが始まります!!中段とティオティフリギの連続キックで一気に6点をとり13-4とすると、さらに美しい前足上段を決めます。続けてパンダルの足を器用に動かしまたしても6点を取ると、焦った相手を逆手にとってカウンター前足上段を鮮やかに決めました!!その後ダメ押しの5点をもぎ取り、終わってみれば24-6で大図の圧勝です。大図の持ち味であるダイナミックな上段が存分に活かされた一戦でした。銀メダル確定です!



Cコート 第34試合
男子上級-58キロ
矢吹優人(OB)
第1R、まずはフェイントで相手を牽制します。そのまま圧をかけ続け相手を下がらせまずはカムチョンで一点をとります。しかし終了間際に隙を突かれて中段を決められ、さらに自身のカムチョンもあり1-3と2点差をつけられ折り返します。
第2R、お互いステップを踏み出方を見ます。隙が生まれた中段に相手のプッチョが決まり点差を広げられ1-5となります。その後点差を守り切ろうと相手が下がり続けカムチョンとみなされ2-5とじりじり点差をつめます。そこに上段を一本決め同点に追いつきます!相手のカムチョンもあり一時は7-5とし逃げ切るかと思われましたが中段をくらい同点となりサドンデスに突入です。
サドンデスでは、まず相手の私語がカムチョンになります。しかし矢吹もクリンチ際でプッシングしてしまいカムチョンとみなされます。その後相手の怪我によるケイシがあり、再開直後に上段を決められ敗退です。銅メダルを獲得です!



 

(無題)

 投稿者:チーム洪人館  投稿日:2017年 4月23日(日)14時58分41秒
  Cコート 第24試合
女子上級-46キロ
竹内優理子  VS. 佐藤夏美選手
全日本選手権の屈辱を晴らす時が来ました!!第1R序盤、相手のカットに押されがちになってしまいます。応戦しようと竹内も前足を出し相手のカットを潰そうとしますがこれがカムチョンとみなされ、このカムチョンで合計3点を失います。さらに中段を一本入れられ5-0で折り返します。
第2R、体制を立て直し先ほどのようなカムチョンは無くなりました。しかし、相手が器用な中段を決めて7-0と点差を広げられます。特訓したクリンチ際の攻撃を出していきますが最後にもう一度中段を決められ9-0で試合終了です。一回戦敗退です。



Cコート 第25試合
女子上級-46キロ
宮澤かんな(OG)
第1R、まずは相手の隙をついた中段を綺麗に決めます。しかし、前足カットを使った攻撃がカムチョンとみなされることが多く合計3点を失います。終了間際、相手に中段を許し5-4と一点差をつけられ折り返します。
第2R、開始早々相手の転倒によるカムチョンで同点に追いつきます。その後はお互いステップで牽制し合い、5-5で第2Rが終了しサドンデスにもつれこみます。
サドンデスではまた前足カットの攻撃がカムチョンとみなされます。前足を封じて応戦しますが隙が生まれ、相手の中段が決まり敗退です。



Cコート 第27試合
女子上級-49キロ
柳父はるひ
都大会のリベンジを図ります!
第1R、双方前足の攻撃が光ります。相手のプッシングカムチョンにより1点をとると、流れに乗り中段を一本決め3-0とします。その後双方カムチョンを一つずつもらい4-1とリードし折り返します。
第2R、開始直後に上段を決められ同点に追いつかれると、立て続けにカムチョンをとられ4-6と逆転されます。しかし取られたものはすぐに取り返すのが柳父です。得意の前足上段をしっかりと決め7-6と再度逆転します。ところが相手の防具をつかむカムチョンをしてしまい7-7の同点に追いつかれ、そのまま第2Rが終了しサドンデス開始です。
サドンデスでは開始早々前足上段を決めたと思われましたが惜しくも得点にはなりません。その後隙をついた中段を決められ敗退です。
 

(無題)

 投稿者:チーム洪人館  投稿日:2017年 4月23日(日)13時17分55秒
編集済
  Cコート 第4試合
男子上級-58キロ
松田博之・矢吹優人(OB)
キョルギでは明大最初の試合です。
松田、いつも通りのダイナミックな気合で試合開始!1R目、鍛えたステップで矢吹を散らそうとしますが、ヤンバルやパンダルなど矢吹の多彩な蹴りに圧倒され一気に7点を失います。カムチョンで1点をとり7-1で折り返します。
2R目、開始早々中段を2回もらい4点を失います。取り返そうと蹴り数を増やし攻め続けますが、終盤にも矢吹の中段が2本決まり、15-1で矢吹の勝利です。



Cコート 第9試合
男子上級-54キロ
奥山悠太
相手選手の棄権により不戦勝です。銅メダル確定です!



Cコート 第11試合
男子上級-54キロ
大図英照  VS.柳優海選手
1R目、試合開始早々鮮やかな上段が決まり3点を獲得します。しかしカウンターの中段を決められ、立て続けにカムチョンをくらい3-4と逆転されます。クリンチ際のショートをしっかりと決め5-4としますが、相手の防具をつかむカムチョンをしてしまい5-5の同点で第1Rを終えます。
2R目、開始早々中段をくらい2点差となりますが、大図もパンダルを決め逆転します。しかし直後に相手の上段が決まり、お互いカムチョンもあり12-11と1点リードします。ここでカット前足がカムチョンとみなされ12-12の同点に追いつかれますが、またも近場のショートを決め14-12と2点差をつけ、終了直前に出されたティッチャギもしっかりガードしそのまま試合終了です。14-12で大図の勝利です。銅メダル確定です!



Cコート 第14試合
男子上級-58キロ
矢吹優人(OB)  VS.猪飼令央選手
第1R開始です。お互い前足で牽制し合います。下がりすぎでカムチョンをもらい、その後は膠着したまま0-1で折り返します。
第2R開始です。早々に相手のカット前足がカムチョンとみなされ同点に追いつきます。その流れに乗り、二度のヤンバルとティッチャギを鮮やかに決め一気に7点をとり8-1と点差をつけます。終盤、相手の中段もあり8-4まで追いつかれましたが逃げ切りそのまま試合終了です。8-4で矢吹の勝利です。銅メダル確定です!
 

(無題)

 投稿者:チーム洪人館  投稿日:2017年 4月23日(日)11時25分56秒
  洪人館杯KTオープンテコンドー大会プムセの結果です。

<金メダル>
女子有級の部(初級)
古本苑子

<銀メダル>
男子有級の部(初級)
堀畑貴久

<銅メダル>
男子有級の部(初級)
小野田俊介


引き続きキョルギの応援もよろしくお願い致します。
 

(無題)

 投稿者:チーム洪人館  投稿日:2017年 4月23日(日)08時35分45秒
編集済
  おはようございます。本日は第4回洪人館杯KTオープンテコンドー大会が横浜市平沼記念体育館で行われます。

本日の出場選手です。

◎プムセ
男子有級の部(初級)
堀畑貴久
小野田俊介

女子有級の部(初級)
古本苑子

U30/U40男子有段
東広大(OB)

◎キョルギ
男子上級-54キロ
大図英照
奥山悠太

男子上級-58キロ
松田博之
矢吹優人(OB)

女子上級-46キロ
竹内優理子
宮澤かんな(OG)

女子上級-49キロ
柳父はるひ

女子上級-53キロ
櫻井絢水

女子上級-57キロ
中木麻琴


全日本選手権以来の久しぶりの大会、部員一同良い緊張感で臨みます。
選手、応援一丸となって頑張ります。
本日は応援宜しくお願い致します。
 

(無題)

 投稿者:チーム全日本  投稿日:2017年 1月22日(日)17時28分0秒
  本日のメダリストです!

《銅メダル》
澤野岳海
河村安理沙
大島卓也(OB)

次の大会に向けて、また明大一丸となって頑張っていきます!
応援よろしくお願いします!
 

(無題)

 投稿者:チーム全日本  投稿日:2017年 1月22日(日)17時13分40秒
  Dコート 第28試合
男子-80キロ 澤野岳海vsえばたひでのり選手

第1ラウンドでは、相手を上手く牽制して戦いますが、徐々に相手の上段が決まり始めます。防戦を余儀なくされ、何度もコートから押し出されてしまいます。敢えなくキョンゴ負けとなってしまいました。澤野選手、銅メダル獲得です。
 

(無題)

 投稿者:チーム全日本  投稿日:2017年 1月22日(日)17時13分28秒
  Bコート 第30試合
男子-68kg級 大島卓也

1R目、リーチの長い相手に苦しみます。先に中段で先制点をとられ、次にショートをとられます。その後は相手の前足上段や離れぎわの飛びパンダルに対し冷静に対処し、ガードで点をとらせません。
2R目、相手の前足を潰そうとしますが、隙をつかれ前足の中段を取られてしまいます。相手のプレッシャーにおされ、コーナー際に追いやられます。点差を縮めようと中段を着々と狙っていきます。
3R、相手の入り込んだときにカウンターの前足を狙います。一点を取ろうと勇敢に攻めますが惜しくも0-5で銅メダルです。
 

レンタル掲示板
/92