teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 監督より(37)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


(無題)

 投稿者:チームヨンソン  投稿日:2017年 8月11日(金)18時49分28秒
編集済
  本日の明大の試合はすべて終了しました。結果をお伝えします。

☆金メダル☆
【男子-58kg級初級】
吉澤航平

【男子-68kg級初級】
小森谷太志


☆銀メダル☆
【男子-58kg級初級】
齊藤優

【男子-80kg級初級】
中村和貴

【女子-49kg級初級】
荒井優里花

【女子-57kg級初級】
下岡玲奈


☆銅メダル☆
【男子-58kg級初級】
佐藤和紀
高橋諒河

【男子-80kg級初級】
荏原空

【女子-49kg級初級】
永作ひびき
寺島愛実


期待に応え、多くの一年生がメダルを獲得してくれました!夏合宿を経て成長した姿を存分に見せつけることができました。これからのテコンドー部にとって、とても頼もしい部員達です!これからも、一年生はこの結果に満足することなく、上級生は一年生に負けじと練習を重ねていきたいと思います。本日は応援ありがとうございました。
 
 

(無題)

 投稿者:チームヨンソン  投稿日:2017年 8月11日(金)18時37分44秒
  Bコート 第50試合
女子-49kg級初級決勝
荒井優里花 vs. 井良沢理紗選手
金メダルをかけた一戦です。相手は先程永作を破った井良沢選手です。身長に大きな違いがある相手ですが、荒井頑張ります!
第1R開始です。長身の相手の蹴りに苦しみ、下がりすぎのカムチョンをもらってしまいます。これで0-1です。しかし相手の股下をかいくぐり中段を見事にきめました!これで2-1とリードです。しかしまたも消極的態度がカムチョンとみなされ、2-2と同点に追いつかれ第1R終了です。
第2R開始です。相手の押し蹴りにも負けず中段に挑戦しますがこれにより転倒しカムチョンをとられます。その後中段を立て続けに2本とられ、パンダルも決められ3-9と一気に点差を広げられます。激しい蹴り合いの中で惜しいカウンターの蹴りも何度もありましたが、相手の脚の長さもあり最後まで得点として決めることはできませんでした。3-9で敗退となりましたが、相手のパンダルを受けても怯まず立ち続ける姿や、長身の相手に対し果敢に蹴り続ける姿に選手応援一同勇気をもらいました!銀メダル獲得です!


Bコート 第51試合
女子-57kg級初級決勝
下岡玲奈 vs. 小林和佳子選手
下岡選手、金メダルをかけた一戦です!
第1R開始です。相手はスピードのあるコンビネーションが持ち味のようです。開始直後に中段上段を連続で決められ、0-5となります。下岡もステップを踏んで応戦しますが、続けて単発のパンダルを決められ0-8とされ、ガードをくぐった巧い中段も二本許し0-12で折り返します。
第2R開始です。第1Rの反省を活かし下岡はガードを固め堅実にステップを踏みます。しかし相手の鋭いパンダルが決まり0-15と点差を広げられます。終盤に中段も決まり、お互いカムチョンがあって2-18で試合終了です。決勝戦敗退です。最後の一秒まで諦めずに蹴り続ける姿は、とても輝いてみえました!銀メダル獲得です!



Bコート 第52試合
男子-58kg級初級決勝
吉澤航平・齊藤優
金メダルをかけた同門対決!常に切磋琢磨し私生活でもライバル視しあっている因縁の相手です。応援も熱が高まります!
第1R開始です。お互いステップで距離を見つつも少しずつ蹴り合いがはじまします。だんだん激しくなる蹴り合いの中で吉澤が一本、齊藤が二本中段を決めます!これで2-4と齊藤がリードです。しかしこれが吉澤の負けん気に火をつけました!まずは圧をかけて齊藤を転倒させ3-4と点差を詰めると、そのあとはステップで齊藤を翻弄しつつ5本もの中段を決めました!13-4で折り返します。
第2R開始です。吉澤はさらに中段を一本決めますが、そこに齊藤のカウンターパンダルが炸裂!これによる転倒のカムチョンがありましたが16-7と点差をつけます。吉澤はここで一本まずは中段を確実にきめ、その後今試合で初めての上段を繰り出し見事にヒット!点差をつけても満足することなく蹴り続け、中段をさらに2本も決め込み26-7で吉澤の勝利です。周囲の期待に応えるような熱い同門対決でした!お互い相手の得意技に苦しみ、自身の得意技に自信をつけることができた、ライバル同士の最高の決勝戦になりました。吉澤、金メダル獲得です!齊藤、銀メダル獲得です!



Bコート 第53試合
男子-68kg級初級決勝
小森谷太志
小森谷、決勝に挑みます!ここまでも点差をつけて勝利してきた小森谷。金メダルに期待しましょう!
第1R開始です。体格的にも互角の相手とまずは出方を観察し合います。お互い下段蹴りのカムチョンをとられ、2-1でリードします。その後中段を決められますが下がりすぎのカムチョンを誘うなどして冷静に取り返し、終盤に先程も連発した得意のパンダルが綺麗に決まりました!7-4で折り返します。
第2R開始です。まずは近場のトルチャギを確実に取り、相手のカムチョンも相まって10-4と点差を広げます。ここで流れに乗った小森谷は同様の近場のトルチャギを連発。得点にこそならなかったもののことごとく美しいフォームです。カムチョンがあり10-5と点差を詰められましたがここで焦ることなく相手の上段を巧く手でガードし、終盤にダメ押しのトルチャギを決め込み12-5で小森谷の勝利です。今までの試合で主力だった得意のパンダルだけでなく、堅実なトルチャギも何度も決まり、決勝戦にしてさらに成長が見られました。今後のさらなる成長がさらに楽しみになりました!小森谷、金メダル獲得です!



Bコート 第54試合
男子-80kg級初級決勝
中村和貴 vs. キム ミンウ選手
中村、金メダルをかけた戦いに挑みます。相手は先程荏原を破ったキム選手です。決勝戦にして初の国際試合ですが、のびのびと挑んで欲しいですね!
第1R開始です。開始直後に相手が下段蹴りのカムチョンを犯し1-0とリードします。相手はその後立て続けにティッチャギを出しますが決まりません。中村のガードが光ります。中村は堅実に中段を二本決め、点差をじわじわ広げていきます。お互いカムチョンがあり、6-1となります。終了直前に相手の足をつかむカムチョンをとられて6-2で折り返します。
第2R開始です。激しい蹴り合いの中で相手にパンダルを許し、さらにカムチョンを取られ6-6の同点に追いつかれてしまいます。ペースを乱された中村はまたしても上段を決められ、さらにカムチョンを犯し6-10と逆転されます。しかし相手のカムチョンがあり7-10と上段一本で追いつける点差にまで戻します!しかしこの点差を最後まで縮めることは出来ず、9-12で決勝敗退です。相手のケイシが何度もある中、最後まで集中を切らさず蹴り続けることができました。銀メダル獲得です!
 

(無題)

 投稿者:チームヨンソン  投稿日:2017年 8月11日(金)17時41分19秒
  Bコート 第40試合
男子-58kg級初級
齊藤優・高橋諒河
小柄を活かして戦う選手と長身を活かして戦う選手、勝つのはどちらでしょうか?
第1R開始です。ステップを踏みつつお互い様子を見ます。高橋は長身を活かし長い足を上げて防御の体制です。これが齊藤のカムチョンを誘います。齊藤は下段モーションや足つかみなどで合計3点のカムチョンをとられてしまいます。0-3となりますが高橋もカムチョンを犯し3-1と2点差に。この局面で齊藤が小柄な体を活かした近場のトルチャギを決めました!3-3の同点で折り返します。
第2R開始です。開始直後、高橋が長身を活かしたロングのトルチャギを決めます。これで2点差となり3-5。負けられない一心の齊藤は気合でパンダルを決め込みます!これによる転倒があったため6-6の同点となります。その後はお互い試合を決めようと激しい蹴り合いとなります!お互い中段を一本ずつ決め8-8の同点にもつれこみました。そのあと隙をついた齊藤の近場の中段が決まりました!最後までガードで守りきり10-8で齊藤の勝利です。最後までハラハラドキドキの素晴らしい同門対決でした。お互い体格の違う相手に対し最後まで一生懸命戦い抜くことができました。齊藤は銀メダル以上確定です!高橋は銅メダル獲得です!


Bコート 第41試合
男子-68kg級初級
小森谷太志 vs. チェン ユイ選手
相手は先程畠山を破ったチェン選手です。
第1R開始です。開始直後お互いカムチョンがあり1-1となります。その後ステップでお互い様子を見る中で、小森谷が上段蹴りを一本決めます!4-1と3点リードしますが、自身のカムチョンがあり4-2と点差を詰められます。そこで小森谷は蹴り数を増やし相手をはじに追い詰めるとそこでパンダルを決めました!7-2と5点差をつけます。小森谷のカムチョンがあり7-3で折り返し。
第2R開始です。相手の隙をついた前足中段を立て続けに二本決め点差を広げます。ここで11-3。お互いカムチョンが一つずつで12-4となりましたが、小森谷は落ち着いて中段を決めました!カムチョンがありましまが14-5と点差は開いたままです。その後近場のパンダルを一本打ちました!得点にはなりませんでしたが、非常にあざやかで終盤にまで余裕を残していることが証明されました!14-5で小森谷の勝利です。得意のパンダルを落ち着いて決めることができ、決勝にも期待できる対戦内容でした!銀メダル以上確定です!


Bコート 第44試合
男子-80kg級初級
荏原空 vs. キム ミンウ選手
荏原選手、ようやくの登場です。待ちすぎて気合が有り余っていることでしょう!打たれ強い大きな身体と、決してあきらめない強い心を持つ選手です。
第1R開始です。力強い気合いの声と共にスタート!開始直後に下段蹴りモーションのカムチョンをとられます。ここで0-1と先制されます。その後、合宿で鍛えたステップを懸命に使い中段を攻め込み続けますがなかなか得点になりません。下段蹴りのカムチョンをとられてしまい0-2で折り返します。
第2R開始です。開始直後の激しい蹴り合いののち相手の押しに負けて転倒してしまいます。カムチョンとなり0-3。その後荏原はステップで相手を追い詰め下がりすぎのカムチョンを得ました!1-3と2点差です。その後相手の中段が決まってしまいましたが相手のカムチョンもあり2-5と十分追いつける点差に!しかし終了直前に荏原が下段蹴りのカムチョンを犯し2-6と点差が広がるとそのまま試合終了です。2-6で敗退です。敗退したものの、的確なステップで相手を隅に追い詰めるなど、丁寧な戦い方が見られた試合でした!
 

(無題)

 投稿者:チームヨンソン  投稿日:2017年 8月11日(金)16時51分40秒
編集済
  Bコート 第35試合
女子-49kg級初級
荒井優里花
不戦勝により勝利です。銀メダル以上確定です!


Bコート 第36試合
女子-49kg級初級
永作ひびき vs. 井良沢理紗選手
先程西村との同門対決を制した永作が再び登場です。
大きな気合の声とともに第1Rがスタート!開始直後に相手のカムチョンで1点を獲得します。その後激しい蹴り合いが展開され、その中で中段を一回決められます。さらに自身が下段蹴りのカムチョンを犯し1-3となります。ペッタなども織り交ぜ終了のその時まで蹴り合いますが、このまま折り返します。
第2R開始です。果敢な攻めで相手をコートの隅まで追い詰めますが、相手のカウンターの上段が決まります1-6と点差を広げられます。しかしそのあとまたも激しい蹴り合いの中トルチャギを決め3-6とじわじわ盛り返します!その後相手がカウンターのパンダルを決め点差は広がり3-9となります。最後まで諦めず蹴り続けますが、このまま試合終了です。2回戦敗退です。結果的には負けてしまいましたが、最後まで諦めず永作らしいガッツを見せつけ、他の選手にとっても応援一同にとっても力になる試合でした!銅メダル獲得です!


Bコート 第38試合
女子-57kg級
下岡玲奈 vs. 田守陽子選手
一年生女子唯一の重量級が満を持しての登場です。力強く重い蹴りが持ち味の選手です。
第1R開始です。開始直後から近場での激しい蹴り合いになりますが、双方得点には繋がりません。しかし落ち着いてステップを踏んだ下岡の後足中段が綺麗に決まり、ここで2-0と先制します。その後消極的態度のカムチョンを取られてしまい2-1と1点差に詰め寄られ、ここで折り返します。
第2R開始です。開始直後から、下岡は巧いトルチャギを連発!相手のカムチョンをも誘い7-1と一気に点差をつけます。怯んだ相手に対しここで上段蹴りを解禁!得点にはなりませんでしたが相手の攻撃に対する抑止力として作用します。終了直前にダメ押しのトルチャギをきめ、9-1で下岡の勝利です。アップでも練習した後足トルチャギを格実に決め、得意技に自信をつけた試合でした!銀メダル以上確定です!


Bコート 第39試合
男子-58kg級初級
吉澤航平・佐藤和紀
夏合宿でもしのぎをけずりあったライバル同士です。この二人ならまた熱い同門対決を見せてくれるに違いありません!応援一同熱がこもります。
第1R 開始です。
お互い出方を見つつモーションを掛け合いますが、なかなか点数が入りません。佐藤のカムチョンにより、吉澤に一点入ります。負けじと吉澤も中段で2点取り返します。その後、終了間際に吉澤の上段トルチャギが鮮やかに決まり、4-2で第1R終了です。
第2R開始です。
序盤で、吉澤のカウンター中段が光ります。お互い激しく蹴り合うなか、さらに吉澤の中段が決まります。佐藤も逆転しようと蹴り数を増やします。惜しい蹴りもありましたが、最後まで得点に繋げることはできませんでした。吉澤のカムチョンにより佐藤に1点入り、8-3で試合終了です。吉澤の勝利です。吉澤のスピード感ある試合展開が存分に活かされた対戦でした。この後に控えた決勝にも期待しましょう!吉澤は銀メダル以上確定です、佐藤は銅メダル獲得です!
 

(無題)

 投稿者:チームヨンソン  投稿日:2017年 8月11日(金)15時58分9秒
  Bコート 第24試合
男子-68kg級初級
寺島開人 vs. 富永秀海選手
先程の一回戦で粘り強い上段を見せてくれた寺島選手の二回戦です。
第1R開始です。相手の巧妙なステップに悩まされつつも、積極的にカウンターの蹴り足を出していきます。相手が下段蹴りと下がりすぎのカムチョン、寺島も下段蹴りのカムチョンを犯し点数は2-1です。その後下がりすぎのカムチョンを二度犯し2-3と逆転され、さらに相手の上段が決まり2-6と点差をつけられます。このまま第1Rは終了です。
第2R開始です。相手は得意のステップで寺島を翻弄します。寺島はいつものペースで攻めることができません。中段上段を3連続で決められ、カムチョンもあり2-12と点差がどんどん広がります。お互いカムチョンを一つずつ取られ3-13となり、そのカリョの後再開と同時に軟体を活かしたネリョチャギが決まります。これでペースをつかんだようです!その後得意のパンダルを二度立て続けに決め、13-13の同点に持ち込みます。しかしこのパンダルで転倒してしまい13-14と1点差に。この点差を最後まで逆転することができませんでした。13-14で敗退です。結果的には負けてしまったものの、終盤の攻めの気迫には応援一同も圧倒されました。寺島自身の成長につながるとても良い試合となりました。

Bコート 第25試合
男子-68kg級初級
中畑太成 vs. 祖父江朋弥選手
落ち着いたステップと気合のこもった熱いパンチが特長の選手です。夏合宿では怪我をしながらも気合の入ったキョルギを見せてくれました!
第1R開始です。中畑は夏合宿で鍛えた得意のステップとフェイントで相手を翻弄します。相手に上段を決められますが、ステップで相手のカムチョンを誘い二度のカムチョンをとりました。2-3で折り返します。先輩顔負けの落ち着いたステップが光っています。
第2R開始です。開始直後に相手の中段が決まり、ペースをつかんだ相手は上段をも立て続けに決めます。ここで2-14と12点差がついてしまいます。怪我により蹴り技が出せない中畑は鍛えたパンチを何度も繰り出し、これが2発決まりました!4-14とし、中畑の下がりすぎのカムチョンがあり4-15と11点差で試合終了です。敗退したものの、パンチで点を取るという上級生でもなかなかできないことを成し遂げ、成果の得られた試合でした。

Bコート 第26試合
男子-80kg級初級
泉澤龍一郎 vs. 簾内隆汰選手
男子-80kg級の第一試合に登場するのは、とにかく重く相手に大打撃を与えるパワーキックが魅力の泉澤です。筋肉みなぎる肉体での熱い試合に期待しましょう!
第1R開始です。開始直後に中段を2本決められてしまいますが、カウンターの上段トルチャギとカムチョンで取り返し4-4の同点とします。その後自身がもう一度カムチョンをとられ、また相手がガードの下からトルチャギを決め4-7と3点差をつけられ折り返します。
第2R開始です。開始直後から蹴り数を増やして仕掛けます!上段中段を立て続けに決め一気に9-7と逆転します。しかし相手も黙ってはいません。相手もお返しとばかりに上段中段と決めていき9-12ともう一度3点差にされます。しかし直後に中段を決め一点差に詰め寄ると、相手のカムチョンを誘い同点に追いつきます!その後双方ガードに集中しなかなか点が入りません。12-12のまま第2Rが終了しサドンデスにもつれ込みます。
サドンデスでは、まずは泉澤が惜しい中段をいれますが決定打にはなりません。その後も集中してガードを固めますが相手のペッタが決まり敗退です。敗退したものの、今大会初めてのサドンデスにまで持ち込み、最後まで集中を切らさず戦い抜くことができました。得意の上段トルチャギも数本決まり、本人の持ち味も発揮された試合内容でした。
 

(無題)

 投稿者:チームヨンソン  投稿日:2017年 8月11日(金)15時30分36秒
  Bコート 第21試合
男子-58kg級初級
神山大輝 vs. 高橋諒河
長身同士の同門対決です。高橋は安定したステップと命中率の高い蹴りが持ち味です。神山は先程の一回戦で大差をつけ勝利しました。
第1R開始です。開始直後に高橋が中段を決めます。それに対し神山は得意のカウンターパンダルで応戦しこれが決まって2-3です。しかし神山が防具をつかむカムチョンをとられて3-3と試合は振り出しに戻ります。カリョの後神山はパルンコルンを狙いますがそれに対する高橋の中段ペッタが決まり3-5。ここで高橋が先程の神山と同様のカムチョンをとられ4-5です。その後神山は上段を、高橋は中段をきめて7-7とまたも同点の局面。終了直前に高橋が隙をついた中段をきめて7-9で折り返します。
第2R開始です。神山は開始直後にヤンバルを狙いますが転倒しカムチョンとなります。7-10と3点差です。しかし直後に得意の近場のパンダルをきめ10-10とまたも同点。その後高橋がガードをくぐった巧い中段をきめて10-12と2点差です。神山のカムチョンがあり10-13と3点差に開きますが、直後に神山が中段をきめ12-13と詰め寄ります。お互い近場の中段をきめて14-15で最終局面までもつれ込みます。最後は高橋が近場の中段を決めて14-17で高橋の勝利です。何度も同点になり、最後まで結末がわからない胸躍る同門対決でした!高橋の中段と神山の上段、双方の得意蹴りが存分に活かされたと思います。高橋は3回戦に進出です。銅メダル以上確定です!

Bコート 第22試合
男子-68kg級初級
小森谷太志 vs. 小口礼男選手
先程カムチョン勝ちで勝利した小森谷が再び登場です。
第1R開始です。ステップで相手の出方を見つつ、まずは中段を確実に決めます。その後中段とのコンビネーションでパンダルを決め、5-0と点差を広げます。相手の足をつかむカムチョンをしてしまい5-1とされ、その後もお互いカムチョンがあり6-2となります。小森谷はここから蹴り数を増やして相手を圧倒しコートの端まで追い詰めます。逃げ場がなくなった相手に近場の中段を2本続けて決め10-2と点差を広げたあと、終了直前に力強いパンダルを決めて13-2で折り返します。
第2R開始です。開始直後激しい蹴り合いとなりますがこれを制しまずは中段を1本決め15-2です。その後中段上段を立て続けに決め20-2とさらに点差を広げ、またも中段上段一本ずつ決め25-2とします。相手のプッチョが決まり25-4と少し縮められますが焦らずに上段トルチャギを決め込み28-4とさらなる点差をつけ、このまま試合終了です。28-4で小森谷の勝利です。中段上段を織り交ぜたコンビネーションで相手を圧倒し続け、強さの違いを見せつける小森谷らしい一戦でした!3回戦に進出です!銅メダル以上確定です!

Bコート 第23試合
男子-68kg級初級
畠山慶太 vs. チェン ユイ選手
誰よりも熱い気合の声で先輩をも圧倒する闘志溢れる選手です。蹴りも力強く期待も十分です!
第1R開始です。ステップで相手の出方を見ていましたが途中から激しい蹴り合いとなります。その中でお互いカムチョンがあり1-1とされますが、相手のカウンター中段が決まり1-3となります。終了直前に相手が防具をつかむカムチョンを犯し2-3と一点差で折り返します。
第2R開始です。直後に相手が力強い上段を出してきますが意地でかわします!下がりすぎのカムチョンをとられ2-4と点差が広がります。前足を中心に攻め続けますがなかなか決まりません。隙を突かれて相手にペッタをとられ2-6です。直後もう一度下がりすぎのカムチョンをとられ2-7となりそのまま試合終了です。
 

(無題)

 投稿者:チームヨンソン  投稿日:2017年 8月11日(金)15時17分30秒
編集済
  Bコート 第18試合
男子-58kg級初級
田部井智也 vs. 吉澤航平
同門対決はまだまだ続きます。田部井は少林寺拳法で磨かれたスピード溢れる中段が持ち味です。吉澤は先程ご紹介しました一回戦不戦勝のラッキーボーイです!
第1R開始です。開始同時に吉澤がネリョチャギを仕掛けます!これが鮮やかに決まりました!怯んだ田部井が下がりすぎのカムチョンを取られて0-4です。その後相手の防具をつかむカムチョンがあり0-5となり点差が広がります。さらに吉澤は蹴りやめません。まずは上段を決めると隙が生まれた中段を確実に決め、それをも裏切りもう一度上段を決めたかと思えばさらに中段を決めて0-15です。終了直前にもう一度中段を決めて0-17、吉澤のカムチョンがあり1-17で折り返しです。
第2R開始です。田部井も得意の前足で果敢に攻めますが吉澤はステップで華麗にかわし前足を決めます。そのまま流れに乗り連続得点し25-1と点差をさらに広げます。吉澤のカムチョンがありましたがそれでも25-2と点差は開いたままです。そこで隙が生まれた吉澤に田部井がパンダルを決めます!しかしその直後、お返しとばかりに吉澤も上段を決めました!28-6で吉澤の勝利です。吉澤のスピード感あるコンビネーションが光る試合でした。吉澤は3回戦に進出、銅メダル確定です!

Bコート 第19試合
男子-58kg級初級
佐藤和紀・黒岩一真
先程一回戦で熱い試合を見せてくれた佐藤と、足腰の安定した蹴りと冷静な試合展開が持ち味の黒岩による同門対決です。
第1R開始です。開始直後にお互いカムチョンがあり1-1となり、佐藤がもう一度カムチョンをとられ1-2です。黒岩は近い距離での中段を狙いますがなかなか点につながりません。お互い攻撃による得点がないまま、1-2で折り返します。
第2R開始です。黒岩が狙い続けた近場での中段をしっかり決め4-1となります。佐藤も蹴り数を増やし逆転を狙います。焦った黒岩は防具をつかむカムチョンを続けて犯し、4-3と一点差に詰め寄られます。黒岩はガードのプッチョやクリンチを使って守り続け、終盤まで一点差をキープしましたが、終了直前に佐藤が意地のネリョチャギを決め逆転しました。6-7で佐藤の勝利です。
黒岩の冷静な戦い方と、佐藤の粘り強い攻め、双方の魅力が存分に引き出された魅力あふれる同門対決でした。佐藤は3回戦に進出、銅メダル以上確定です!

Bコート 第20試合
男子-58kg級初級
齊藤優 vs. マハト クリスナ選手
齊藤は、いつもは明るいムードメーカーながらも試合になると誰よりも真剣で、鋭い蹴りを見せてくれる熱い選手です!先程青田を破ったマハト選手との対戦です。
第1R開始です。
開始直後に相手の転倒があり0-1です。しかし相手の中段が決まり1-2と逆転されます。しかしその後スピード溢れる中段を決め3-2と逆転すると相手のカムチョンにより点差を広げ5-3とします。自分より大きな相手に対しステップで翻弄し、隙が生まれた中段をついていく非常に巧い戦い方をしています。このまま折り返します。
第2R開始です。試合直後、相手のガードが外れたところを見逃さずトルチャギを決め7-3と点差を広げます。相手のカムチョンを誘うのもなかなか上手く、それもあり点差を広げていきます。さらに近場の中段を決め、点数は11-7となります。その後もまた見えないほどのスピードで美しいトルチャギを決めました。13-7です。しかし終了直前、相手が意地で上段を決めてきます。13-10と逆転される可能性のある点差となってしまいました。しかし齊藤はここで落ち着いて上段ガードを固め、バックステップを踏んで点差を守り抜きました。13-10で齊藤の勝利です。相手の体型を考え得意の中段を中心にした戦い方を選び、それがうまくはまりました。3回戦に進出、銅メダル確定です!
 

(無題)

 投稿者:でっち  投稿日:2017年 8月11日(金)14時39分1秒
  てっこんばん楽しみにしてます!
1年生頑張れ~!
 

(無題)

 投稿者:チームヨンソン  投稿日:2017年 8月11日(金)14時25分36秒
編集済
  Bコート 第15試合
女子-49kg級初級
寺島愛実 vs. 荒井優里花
明大女子選手の初戦はなんと同門対決です!力強く綺麗な上段が得意な寺島と、小柄ながらステップを中心にした巧妙な攻めが魅力の荒井、どちらもメダルにふさわしい実力を持っています。
第1R開始です。開始直後、荒井がプッチョを捨て蹴りにしてパンダルを決めます。その後後ろ足のトルチャギも決め点差を広げ0-5とします。寺島も負けてはいません。得意の上段トルチャギを決め3-5と2点差に持ち込みます。しかしここから荒井の蹴りが連続で決まっていきます。中段と上段を織り交ぜたコンビネーションの攻撃が光り一気に点差をつけ、3-12と9点差で折り返します。
第2R開始です。慢心せず蹴り和を増やした荒井は中段を3本続けて決め、3-18と点差がさらに広がります。寺島も荒井の蹴りに合わせステップを踏み応戦しますが、自分のペースに持ち込むことができません。荒井はクリンチなどを使いつつこの点差を守りきりました。3-18で荒井の勝利です。寺島の上段、荒井の中段、双方得意技が光った一戦でした。荒井は2回戦に進出、銀メダル以上確定です。

Bコート 第16試合
女子-49kg級初級
永作ひびき vs. 西村咲季
こちらも同門対決です。双方連続蹴りを中心としたアグレッシブなキョルギが持ち味です。夏合宿でお互いライバル同士であることを表明したこの2人の対決に、部員一同とても注目しています!
第1R開始です。開始直後に永作が的確な中段を決めます。その後もフェイントをかけつつ永作が主導権を握ります。カムチョンがありましたがもう一度中段を決め4-1とします。対する西村は長身を生かし上段を織り交ぜ攻撃していきますがなかなか決まりません。終了直後に永作がトルチャギをワンツーで決め8-1と7点差で折り返します。
第2R開始です。西村は夏合宿で習ったカットに挑戦するなどアグレッシブに攻めていきます。しかしそこに永作のカウンター中段が鮮やかに決まり10-1です。クリンチの時に防具をつかむカムチョンがあり10-2となりますが直後に中段をまた決め12-2と10点差に戻します。点差に焦る西村もカムチョンを連発してしまい14-2と点差が広がり、最後は永作がガードをかいくぐった見事な中段をダメ押しで決めて16-2と14点差でした。永作の勝利です。最終的に点差はついたものの、ライバル同士ということもあり蹴り数の多い熱い試合を見せてくれました。永作は2回戦に進出、銅メダル以上確定です!
 

(無題)

 投稿者:チームヨンソン  投稿日:2017年 8月11日(金)13時09分13秒
  只今より昼休憩に入ります。昼休憩後の試合予定をお伝えします。

Bコート 第15試合
女子-49kg級初級 寺島愛実・荒井優里花

Bコート 第16試合
女子-49kg級初級 永作ひびき・西村咲季

午後の試合も引き続き応援よろしくお願いします。
 

レンタル掲示板
/93