teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


投稿ありがとうございました。

 投稿者:  投稿日:2004年 7月 3日(土)02時37分36秒
   行きずりの大学生と、苦労して、世界文化遺産であるピラミッドに深夜、登頂成功!肌寒かった、頂で、念願のカップラーメンにて乾杯! 時まもなく暁、コーラン響くギザの街、高さ165mから感じた幻想的なその眺望、その空間と時間、そのまま天へと解脱できそうな程の衝撃がありました。
 この感動は、バックパッカーにしか味わえないでしょう。

 一人旅を続けているとき、一日一度?いや、どれぐらいだったのだろうか?自分の感じたことを、誰かに話せないと、ちょっと気分がマイナーになりがち。
 そんな心を癒してくれるのが、自分の場合、夕陽だったような気がする。真っ赤な大きな夕陽を求めて、ロシア・北欧・中欧と出会うことができず、イベリア半島最西端の、夕陽の名所SAGRESに行っても、やっぱり夕陽と出会えない。そんな、なんかやりきれない、日を重ね、RISBOAのBERENの塔で海を眺めていたとき、思いがけず、突然に、大きく真っ赤な夕陽がやってきた。写真もしばらく撮っていなかった、そんな自分が、久々に狙って撮る場面がやってきた。そんなにたいした写真はないだろうと思っていたけど、思いがけず夕陽にアーチを描くように、鷗がいてくれました。もう一度撮ってみろといわれても、もう撮れないような気がします。そんな、大好きな一枚です。
 
 

(無題)

 投稿者:akiメール  投稿日:2004年 6月 7日(月)23時12分17秒
  旅に出たい!!って思えるような写真がけっこうあるじゃん。やっぱり、自分で見に行くのが一番いいよねー。個人的には、海に沈む真っ赤な夕日と、やっぱりピラミッドの写真がかなり好き!!でも、どこの国の人なのか判別できない!  

レンタル掲示板
/1