teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


「認知症を地域で支える」 静岡在宅ケア医療協議会・ケアマネットふじのく主催 合同市民講座

 投稿者:大城一  投稿日:2014年 1月26日(日)16時06分6秒
  平成26年1月26日静岡市にて、「認知症を地域で支える」と題して、
静岡在宅ケア医療協議会・ケアマネットふじのくに主催、静岡県、静岡市、
静岡医師会後援により開催された合同市民講座について取り上げる。
この講座では、先ず特別講演として、名古屋大学発育・加齢医学講座教授
葛谷雅文先生により「認知症を正しく知りましょう」と題して、
認知症高齢者数の現状と将来推計、認知症の有病率、認知症をきたす疾患を
アルツハイマー型認知症を中心に簡潔に解説され、
①認知症は希な病気ではないこと。
②認知症は知らない間に発症して生活に不自由を来す。
③症状に気付いたら早期に相談(かかりつけ医、ケアマネ、専門医など)する。
④認知症の症状には適切な対応が肝心。
⑤介護保険サービスの積極的な活用を勧める。
とまとめられた。

次に「認知症ケアの在宅における多職種連携」をテーマにシンポジウムが行われた。
シンポジストは、
多喜の園ステイハウス中瀬管理者 内山正晴先生、
城西神経内科OT 鈴木朱美先生、
遠江病院臨床心理士 水谷啓子先生、
まごころ訪問看護ステーション静岡所長 森洋子先生、
の4名による発言と討論がされた。
このうち、シンポジストの臨床心理士 水谷先生の発表では、
①他職種連携に必要なことは、連携相手の職種の特徴を知っておくことが重要であること。
②認知症の早期発見・早期対応がされた場合には、効果的な治療やリハビリ技法が
開発されてきているが、現在はまだ早期対応は不十分である。
③スムーズな認知症介護・治療の導入のためには患者の性格傾向を知ることが重要。
④家族間力動の問題を把握する。
⑤認知症をどう捉えるか、当事者の心理教育が重要。
などの発言があった。
 
 

ショートステイ ロングステイ について

 投稿者:大城一  投稿日:2013年10月30日(水)07時58分16秒
  在宅療養における重要なサービスである、ショートステイについて取り上げる。昨今では、
ショートステイの入所期間が長期に及ぶ場合を、「ロングステイ」と呼ぶなど、サービス利用
が多様化している。

 介護保険のショートステイには、「短期入所生活介護」と「短期入所療養介護」の2種類がある。
「短期入所生活介護」は、要介護者に施設などへの短期間、最大で30日まで入所して、入浴や
排泄の介助、日常生活の世話、機能訓練などを実施するサービスである。「短期入所療養介護」は、
短期入所生活介護とほぼ同様なケアを実施するが、看護・医学的管理の下、より医療必要度の高い
対応に差がある。この他、要支援者向けのサービスとして、介護予防短期入所生活介護と介護予防
短期入所療養介護のサービスがある。

 ショートステイのうち「短期入所生活介護」での医療提供については、初・再診料や往診料の
算定はできないが、配置医師以外の医師であれば算定が可能である。在宅患者訪問診療料は、
死亡日から遡って30日以内の患者及び末期の悪性腫瘍患者に限って算定が認められる。
また、「短期入所生活介護」の利用者に対して計画的な医学管理の下、月2回以上の定期的な
訪問診療を行った場合には(特医総管)が算定できる。対象者は、在宅患者総合診療料と同様
である。

 このことから、「短期入所生活介護」利用中に、配置医師の診療を受ければ実質的に医療費
負担軽減となることから、ロングステイを中心に利用者が増加している。
 「在宅短期入所生活介護」・「短期入所療養介護」の利用対象者は、①本人の心身の調子が
思わしくない②家族が冠婚葬祭、出張、病気などで介護ができない③家族の身体的、精神的な
負担の軽減が必要、などの理由で、在宅生活を送ることが一時的に困難な要介護認定者である。
「短期入所生活介護」は、①専用の施設でサービスを実施する単独型、②特別養護老人ホーム
などど一緒に設置される併設型、③特別養護老人ホームの空きベッドを利用する空床利用型、
がある。

 「短期入所療養介護」は、基本的に空床利用型のため、サービスは介護老人保健施設や介護
療養型医療施設、老人性認知症疾患療養病床を有する病院・有床診療所に限られる。有床診療所
については、2009年度介護報酬改定で一般病床でも可能になった。
 

「第13回静岡ディメンシア懇話会」

 投稿者:大城一  投稿日:2013年10月17日(木)07時17分10秒
  「第13回静岡ディメンシア懇話会」

今回はNTT東日本伊豆病院 認知症疾患医療センター センター長 安田 秀先生
三重大学 神経内科 教授 冨本 秀和先生をお招きしてご講演いただきます。
御多忙とは存じますがご専門の先生方をはじめ、一般のかかりつけ医の先生方、
福祉に携わっておられるスタッフの方々にも広く御参集下さいますよう
宜しくお願い申し上げます。


日時:平成25年11月16日(土) 16:30~19:30

場所:グランドホテル浜松

〒432-8507 静岡県浜松市中区東伊場1-3-1

TEL:053-452-2112

【情報提供】 認知症の疾患啓発活動について  エーザイ(株)北島克哉

【一般演題】  座長 聖隷三方原病院 精神科 部長 森本 修三先生

「語想起や計算障害などの高次脳機能障害が目立ち橋本脳症が疑われた中年女性の1例」

                                     聖隷浜松病院  神経内科  武内 智康  先生

「被害妄想と顕著な不穏で入院となった認知症の一例

ー地域連携と薬物療法に関する考察ー」

            聖隷三方原病院 認知症疾患医療センター センター長 磯貝 聡 先生

【特別講演Ⅰ】 座長:岡本クリニック 院長 岡本 典雄 先生

『認知症の地域連携について

~NTT東日本伊豆病院認知症疾患医療センターの活動紹介を交えて』

NTT東日本伊豆病院 認知症疾患医療センター

センター長 安田 秀先生

【特別講演Ⅱ】 座長:浜松医科大学 第一内科 教授 宮嶋 裕明 先生

『脳小血管病の基礎と臨床』

三重大学 神経内科 教授 冨本 秀和先生

*受付にて参加費500円を徴収させていただきます。

日本医師会生涯教育(1,2,5,14,29,80:3単位)の認定を受けております
尚、会終了後に立食形式による意見交換会を予定しております。

主催:静岡ディメンシア懇話会・エーザイ(株)

後援:浜松市医師会


 

「昼夜逆転患者」のケアについて

 投稿者:大城一  投稿日:2012年11月27日(火)02時32分47秒
  在宅介護の最も深刻な異常行動である「昼夜逆転患者」のケアについて取り上げる。
<昼夜逆転患者の病態と診断>
 睡眠・覚醒リズムの障害は、認知症疾患,特にアルツハイマー型認知症の比較的進行した段階ではしばしばみられる。また,せん妄など一時的な意識障害をきたす疾患でも、まれならず認める。このリズム障害が悪化すれば,昼夜逆転が固定化してしまう。こうした状態は、看護・介護において最も対処が困難な異常行動の一つである。ヒトの生体リズムに太陽光やメラトニンが影響することなどが報告されているが、昼夜逆転患者の治療に直ちに役立つような知見は得られておらず薬物投与と生活指導の工夫が治療の基本である。
<治療方針>
 高齢者では、まずアルツハイマー型認知症など慢性進行性疾患でみられるタイプの現れとしての昼夜逆転がある。これと術後せん妄に代表される急性意識障害とでは対応方針が多少とも異なる。前者では、慢性化しやすいだけに環境や生活リズムの調整が主であり薬物治療は従となるが,試行錯誤の末、わずかな効果が得られるくらいが実状である。後者は年齢や身体機能にもよるが、抗精神病薬などの薬物治療が基本となり,環境面からの配慮も大切である。
<慢性的な昼夜逆転への治療>
 日中はうたたねさせないよう刺激を絶やさないことが基本。たとえばデイサービスなどへの参加を促すが、漫然と座らせておくと居眠りを促すばかりである。入浴は夕方にして自然な眠気を誘いたい。それが無理なら消灯前に適度な温度の足浴も可である。抗精神病薬やベンゾジアゼピン系の薬剤投与は副作用が出やすいばかりか蓄積して昼夜逆転を促進しかねない。メラトニンのMT1/MT2受容体刺激により催眠効果を発揮するラメルテオン(ロゼレム錠8mg)は、ベンゾジアゼピン系と比べて即効性がないが体内時計に働きかけ生活リズムを取り戻す薬である。非ベンゾジアゼピン系薬剤として、
処方例 アモバン錠(7.5mg)1錠(分1 就寝前)

<急性せん妄状態の昼夜逆転への治療>
 不穏・興奮を鎮める目的もあり非定型抗精神病薬を用いる。呼吸・循環器系への抑制作用が少ないことで以前からハロペリドールも好まれる。昼夜逆転の改善という面からは夕方1回だけの投与が望ましく、数日試みても効果がなければ就眠前にも投与するが漸増が一般的である。環境面からは室の明るさや音刺激への配慮や工夫が望まれる。

処方例 1)セロクエル錠(25mg)1錠(分1 就寝前)*糖尿病では禁忌。
処方例 2)セレネース錠(1mg)1‐2錠 ヒベルナ錠(25mg)1錠(分1 夕食前)
 

2月19日(日)ケアマネットふじのくに第11回公開研修会

 投稿者:大城一  投稿日:2012年 1月12日(木)06時26分50秒
  2月19日(日)ケアマネットふじのくに第11回公開研修会

主催:ケアマネットふじのくに

共催:静岡在宅ケア医療協議会 後援:静岡県介護支援専門員協会

日時:2012年2月19日(日) 13:30~16:50

テーマ 高齢期のメンタルヘルスと相談、受診

    ~精神保健・医療とケアマネジメントの連携~

開会あいさつ

1.講演1 「高齢期のメンタルヘルスと相談、受診」
      講師 二宮貴至氏 浜松市精神保健福祉センター所長
 認知症だけでなく、高齢期の精神疾患も早期に発見し、早期に精神保健の専門職に相談し、必要な場合は早期に専門医へ受診し、診断、治療を受けることが、症状の重度化を防ぎ、在宅生活の継続を可能にします。ケアマネが高齢者の方について精神疾患の疑いを感じたとき、適切な連携を精神保健専門職にとっていくことが重要になってきます。質疑応答の時間も多くとりますので、ぜひご参加ください。

2.講演2 「精神保健福祉士の業務と役割」
      講師 平野慎一朗氏 好生会三方原病院医療相談員

3.精神保健専門職とケアマネが連携しての実践報告一例

4.講演2、実践報告を通じての質疑応答

5.講評 二宮貴至氏

閉会あいさつ

会費:500円 なお、静岡在宅ケア医療協議会会員は同会研修会を兼ねる為、無料です。

場所:浜松市楽器博物館2階 音楽工房ホール 浜松市中区中央3-9-1

Tel:053-451-1128 アクト展示イベントホール北、楽器博物館2階です。

☆ケアマネジャ-以外でも希望者は参加できます。

申し込み先:城西神経内科クリニック内 ケアマネットふじのくに事務局

静岡市葵区新富町5-7-6 TEL054-273-7000 FAX054-273-5600

メール chubujimukyoku@gmail.com

(申し込み締め切り 1月31日)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

平成23年11月26日浜北ロータリークラブ及び第21回在宅ケア懇談会主催による「認知症サポーター養成講座」報告

 投稿者:大城一  投稿日:2012年 1月 4日(水)22時46分4秒
  平成23年11月26日 浜北ロータリークラブ及び第21回在宅ケア懇談会主催による「認知症サポーター養成講座」が浜北駅前の「なゆた・浜北」で開催されました。
認知症を抱える要介護者ご家族をはじめ、民生委員、介護・医療に携わる関係者、議員及び行政担当の方々に加え、今回はとくに将来社会を担う中学生・高校生を含む多数のご来場者があり、盛大に行なわれました。
第1部、宮嶋裕明先生(浜松医科大学医学部第一内科教授)の「認知症を学ぼう」をテーマにスライドを用いたたいへん解りやすい講義に認知症者への対応の仕方と理解が得られたことと思います。
続いて第2部では、認知症キャラバンメイトとしてご第一線で活躍中の奥山恵理子先生にご登場いただき、「今、私にできること」をテーマに認知症サポーターの必要性、認知症サポーターとしての心構えなどについて詳しくお話しをしていただきました。
講義終了後、認知症サポーターを表す修了証及びオレンジリングが出席者全員に渡されました。

 

ケアマネットふじのくに第11回公開研修会(案)

 投稿者:大城一  投稿日:2012年 1月 4日(水)22時38分30秒
  ケアマネットふじのくに第11回公開研修会(案)

日時:2月19日 日曜日 13:30~16:50
場所:浜松市楽器博物館2階 音楽工房ホール
会費:500円

テーマ 高齢期のメンタルヘルスと相談、受診
     ~精神保健・医療とケアマネジメントの連携~

開会あいさつと講師紹介 大城一ケアマネットふじのくに副理事長 13:30~

1.講演 「高齢期のメンタルヘルスと相談、受診」 13:35~15:15
      講師 浜松市精神保健福祉センター所長二宮貴至氏
      二宮先生への質疑応答

休憩 15:15~15:25

2.お話「精神保健福祉士とは何かお話します」 15:25~15:55
      講師 平野慎一朗 好生会三方原病院医療相談員

3.精神保健専門職とケアマネが連携しての実践報告一例 15:55~16:25
    事例発表を募集します

4.お話と実践報告を通じての質疑応答 16:25~16:45

講評と閉会あいさつ 精神保健福祉士 奥山惠理子 16:45~16:50

司会進行 加茂圭三 ケアマネットふじのくに研修担当
 

陛下よりの御下賜金

 投稿者:大城一  投稿日:2011年12月21日(水)23時05分35秒
  さて、

天皇陛下におかれましては、来る12月23日の天皇誕生日に際し、

優れた社会福祉事業者に対し金一封を下賜されることとなり、

「社会福祉法人大善福祉会(理事長 大城 一)」は御下賜金

の栄誉を賜ることとなりました。

 当法人は、平成3年8月設立、翌4月17日特別養護老人ホーム多喜の園を

当時の浜北市中瀬に開設し「心が伝わる細やかなサービス提供に努めます」

を運営方針として今日に至ります。

ふり返り見れば20年の月日を社会福祉に捧げて参りました。

本日、この誉れを余りにも はやく旅立って逝かれた隣人に捧げつつ、

ご遺族と全職員で寿ぎたいと思います。

 法人理事長として、陛下の思し召しを支えとしてこれからも励んで参ります。

ありがとうございました。

(2011年12月21日 理事長挨拶と陛下よりの御下賜金)


*******************************************************
大城 一 (おおしろ はじめ)
〒434-0012 浜松市浜北区中瀬3832-1 遠江病院
Phone: 053-588-1880,  Facsimile: 053-588-2513
携帯電話:090-3250-4001
e-mail: h-oosiro@mbh.nifty.com
医療法人社団大法会 http://www.process.ne.jp/~totomimd/
社会福祉法人大善福祉会http://www.process.ne.jp/~taki/
社会福祉法人遠州秋葉会http://www13.ocn.ne.jp/~kasasagi/
国際RC♯2620 浜北ロータリークラブ 〒434-0023 浜松市浜北区高薗381
*******************************************************
 

在宅認知症患者の介護理解と負担を軽減する医療・介護サービスの活用について

 投稿者:大城一  投稿日:2011年 8月31日(水)08時17分38秒
  現在、認知症患者の約2/3が在宅生活中であり、医療・介護において在宅認知症患者を抱える家族の支援は急務です。在宅認知症患者の介護理解と負担を軽減する医療・介護サービスの活用について取り上げます。
 1 家族の介護意志は?
 健康保険組合連合会の調査によると、最後まで家で世話をしたい、看なければならないと考えている家族が6割以上存在します。しかし、介護意志があっても介護負担から家族だけで看ることには限界があります。
 2 家族の介護負担
 介護負担には「将来に対する不安」、「介護の理解者・支援者がいない」、「外出ができない」などによる心理的負担、そして介護者自身の「健康問題」や「経済的不安」等があります。
 (1) 初期には、もの忘れによる、家族の戸惑いや苛立ちが起こります。病気であることに気づかない場合には患者を叱責し、患者の行動を矯正しようとします。患者の不安と家族の試みがコミュニケーションの歪みや感情のズレを生みます。早期の医療相談、診断が望まれます。
 (2) さらに認知症状が進む中等度では、火の不始末、外出先から戻れなくなるなどの生活障害と、夜間不眠、徘徊、物盗られ妄想など(BPSD)への対応は難しく、目が離せない状況となります。家族の負担が患者に影響し症状をさらに惹起するという悪循環を生じます。
著しい精神症状には、精神医学的介入が必要です。
 (3) 重度になると、食事・排泄・入浴などが介助なしではできなくなり、誤嚥、感染症、脱水、寝たきり等になります。精神医学的介入に加えて身体管理のための医療面のサポートが必要です。
 各種の相談窓口を介し、早期に専門家との接触がもてれば問題を軽症化できるでしょう。
(認知症および介護相談窓口事業内容)
市町村老人保健事業の健康相談:心身の健康に関する相談・指導。
市町村・保健所訪問看護:保健婦の訪問で相談・指導。
地域包括支援センター・在宅介護支援センター:介護相談窓口事業。
医療機関:(精神科、神経内科、老年科)物忘れ外来:専門医療相談、認知症診断、介護相談。
訪問看護ステーション:通院困難な場合に医師の指示による看護婦の訪問による相談・指導。
居宅介護支援事業:在宅介護の相談、情報提供。
精神保健福祉センター:複雑または困難な事例の相談、指導。
 3 認知症患者とその家族を支えるその他の社会サービス
医療と介護を区別して活用することがよい。(カッコ内はサービス実施場所や管轄など)

〈専門医療〉
●老人性認知症疾患治療病棟(精神科病院)
在宅等の療養が困難な、短期集中的な精神科治療とケア。医療保険適用。
●老人性認知症疾患療養病棟(精神科病院)
在宅等の療養が困難な、長期的精神科治療とケア。医療保険と介護保険適用。
●重度認知症患者デイケア(精神科病院)
選任の精神科医、看護師、作業療法士、精神保健福祉士、臨床心理士を配置。
BPSDへの対応可。医療保険適用。
〈通所施設など〉
●デイケア(老人保健施設・病院・診療所)
通所による機能訓練等。認知症専門も有。
〈介護サービス〉介護保険適用。
●デイサービス
通所による食事・入浴等のサービス。認知症専門も有。
●ショートステイ
短期間入所。延長可。
●訪問介護
居宅で介護を受けるサービス。身体介護・家事・相談・助言。
〈共同生活型〉
●認知症高齢者グループホーム
認知症が中等度程度で、家庭的な住居環境で共同生活を送る。
〈その他〉
●徘徊老人早期発見システム
市区町村、交通機関等の加盟・連携により徘徊老人の早期発見・保護。
 

わが国で使用可能な、「アルツハイマー型認知症への抗認知症薬」

 投稿者:大城一  投稿日:2011年 7月27日(水)08時40分13秒
  わが国で使用可能な、「アルツハイマー型認知症への抗認知症薬」について取り上げました。(表1 )
近頃では、認知症患者への介護・ケアの取り組みには、目を見張るものがあります。
浜松でも、来年には「認知症ケア学会全国大会 」(大会長は、天竜区熊村出身の水野裕(みずの ゆたか)先生)の開催が予定されていますが、非薬物療法、介護・ケア( バリデーションやパーソンセンタードケアなど)だけで、認知症解決と言う訳にはいかないのも事実です。認知症患者の生活障害の把握、さらには、介護者(家族)の心情をつかむことが 診断・治療の前提になります。在宅で薬物・非薬物療法の両者を頃合いよく用いるのが重要であると常々感じているところです。

(表1)
ドネぺジル塩酸塩 (アリセプト)
アセチルコリンエステラーゼ阻害作用
軽度から高度のフルステージ 1日1回

ガランタミン (レミニール)
武田薬品/ヤンセンファーマ
アセチルコリンエステラーゼ阻害作用・ニコチン性アセチルコリン受容体の感受性亢進
軽度~中等度 1日2回 在形豊富(錠・OD・内溶液)

リバスチグミン(エクセロン)
小野薬品
ブチリルコリンエステラーゼ阻害作用も持つ
貼付剤 「見える治療」 軽度~中等度
消化器症状強かった 。
貼付剤(分子量少さいので経皮吸収に適している。)
急激な血中濃度上昇が少ない
カプセル剤に比して,副作用の嘔吐・嘔気出現率が
1/3程度。

メマンチン塩酸塩(メマリー)
第一三共
NMDA受容体拮抗薬 NMDA(N-methyl-D-aspartate)を介する神経保作用
中等度~高度
興奮:攻撃性発現の抑制効果? 1日1回
髪が黒くなった 副作用少ない
NMDA受容体は,脳内の主たる興奮性神経伝達物質,グルタミン酸の受容体の1つ。


 

レンタル掲示板
/11